土壌汚染調査

ENVIRONMENT

近年、土壌汚染に対する認識が高まっています。平成15年2月に土壌汚染対策法が施行され、汚染の可能性の高い工場などの廃止時には土壌汚染調査が必要となりました。
不動産取引の際の土壌汚染のリスク管理も重要になってきています。

土壌汚染対策の概要

平成15年2月に施行された土壌汚染対策法では、汚染の可能性の高い工場などの廃止時に土壌汚染状況調査を義務づけ、汚染が発見された場合は都道府県知事の判断により、汚染の除去等を行い、人への健康被害を防ぐことを定めています。

調査対象

法に基づく調査

  • 土壌汚染調査・地下水汚染調査を実施したい
  • 土地の開発を計画している
土壌ガス採取
分析機器

不動産取引の際の自主検査

  • 土壌汚染・地下水汚染が気になる
  • 土地を売却・購入したい