-飲料水分析- 北海道の環境分析・株式会社北炭ゼネラルサービス

 
飲料水分析
 毎日安心して飲むことのできる水は、生きていく上で欠かせないものです。 わが国では「水質基準に関する省令」に基づき、日々の生活に必要な飲料水の 検査項目・基準・検査方法が厳しく定められています。
当社では、飲料水を始め以下のような水質検査を取り扱っております。
  • 専用水道の水質検査(水道法水質基準に基づく検査)
  • ビル・マンション等の水質検査(建築物衛生法に基づく検査)
  • 井戸水の水質検査
  • 船舶水の水質検査
  • 食品衛生法による水質検査
  • 冷却水・雑用水の水質検査

飲料水(水道)に関して

1.専用水道

【適用規定】(水道法第3条6項)

 ・水道の供給先が100人を超える水道(水道水・地下水・表流水等を水源として)
 ・公共水道水を水源として、地表又は地中に設置されている水槽の有効水量が100m3を超えるもの
 ・公共水道水を水源とし、口径25mm以上の導管の全長が1,500mを超えるもので、
  かつ1日の最大給水量が20m3を超える水道

【検査】

 ・水道法により、使用開始時並びに定期的な水質検査が義務づけられています。
  (水道法第20条に基づく検査)

2.簡易専用水道

【適用規定】(水道法第3条7項)

 ・水道水のみを水源とする飲料水の供給施設で、受水槽(タンク)の有効容量が10m3超、
  100m3以下のものを簡易専用水道といいます。(ビル、マンション、学校、病院等)

【検査】

 ・水道法により、水槽の定期的な点検・水質検査が義務づけられています。
  (水道法第34条に基づく検査)

3.貯水槽水道

【適用規定】(水道法第14条2項)

 ・水道水のみを水源とする水道で、専用水道に満たない規模(受水槽が100m3以下)の
  ビルやマンション内の水道の総称。 簡易専用水道を含む。

【検査】

 ・10m3を超えるものについては水道法により、水槽の定期的な点検・水質検査を義務づけ
  られています。
  また、10m3以下の小規模水槽についても、各自治体で管理基準が定められている
  場合があります。

4.その他

 ・貯水槽水道や簡易専用水道には上記の法律以外に、次の法律に基づく維持管理基準が
  定められているものがあります。
   1)特定建築物の対象となっている場合(建築物における衛生的環境の確保に関する法律
    (通称 「建築物衛生法」・「ビル衛生管理法」等)に基づく維持管理基準)
   2)学校環境衛生の基準(学校教育法に基づく維持管理基準)